義歯



■コンフォート義歯
生体親和性の高い医療用シリコンを使用した義歯です。

吸い付き・安定性が高く従来の義歯では不満な患者様におすすめです。



■マグフィット
入れ歯を固定するクラスプ(ばね)のかわりに米粒サイズの磁石(マグフィット)を使用する方法です。

特徴としてクラスプが見えない、取り外しが簡単、入れ歯の安定性が向上します。



■ミニインプラント
●Point 1
治療は1回の来院で終了します。
●Point 2
麻酔をして治療します。
●Point 3
歯ぐきを切ったりしません。
●Point 4
治療後すぐに食事ができます。
●Point 5
痛みはほとんどありません。
●Point 6
入れ歯が動かなくなります。
●Point 7
入れ歯の着脱が自由です。

⇒こんな方におすすめ!!
入れ歯が動いて不快感のある方。

固いものやひっつくものを普通に食べてみたい方。

十分に噛めないので胃腸が弱い方。

入れ歯を気にしないで思いっきり会話をしたり、笑ったりしたい方。


少量の麻酔をして、直径1.8oのチタン製のねじ(ミニインプラント)を下あごの歯ぐきの上からねじこんでいき、その上に入れ歯を固定する方法です。

麻酔をしますので痛みはありません。

入れ歯の裏側に特殊な金具をつけてちょうどホックで留めるように入れ歯とねじを「カチッ!」とかみ合い簡単に入れ歯を留めたり外したりできます。

歯ぐきのやせている状態でも入れ歯が固定します。



■PTGクラスプ
保険のクラスプ(ばね)は硬いためフィット感があまり良くないですが、PTG(金とプラチナの合金)を使用することにより、フィット感の良い入れ歯になります。
太さも細くすることができます。
(左が保険のクラスプ。右がPTGクラスプ)



■金属床
プラスチックの入れ歯では厚みがあり、違和感が気になる、発音がしづらい、味がわかりにくいといった問題があります。

一部分を金属で補うと薄く、熱が伝わりやすいので、上記の問題が改善されます。

<<TOPへ



(C)宮下歯科

powered by モバプラス